天皇賜杯千葉県大会 大会最終日 準決勝 ハイライト 2024.6.26

天皇賜杯千葉県大会 大会最終日 準決勝 ハイライト 2024.6.26

いよいよ大詰め。
最終日、準決勝&決勝のダブルヘッダー。
痺れる試合が続いたので、準決勝と決勝と別々の記事にします。

いつもより写真多めです(勝ち負け数枚では表せない試合でした)。読み込みに時間かかったらすみません。

状況説明は手元でつけているスコアと、スコアボードに表示されたランプ(H/E/Fc)や安打失策数を参考にしています。公式記録とは異なるところもあるかもしれませんが、ご了承の上で、よりリアルに試合を感じるためにお読みいただけたらうれしいです。

Highlights💫

準決勝 第1試合 京葉ガス 3−2 AKIRA

1回表、京葉ガスは1死から2番山本選手が三塁打で出塁。3番大嶌選手の投ゴロで挟まれ先制ならず
ピンチをしのいだAKIRAは1回裏、連続四球と盗塁、暴投で無死二、三塁の好機に3番藤井選手のあたりはライトへ
三走森本選手が生還しAKIRAが先制
しかしその直後、2回表京葉ガスは6番畑中選手が同点弾
京葉ガス先発のルーキー・早川投手は2回表、先頭の西田選手にヒットを打たれたところで降板
4回表、京葉ガスは1死二、三塁と勝ち越しの好機も初回に続き叩きが決まらず三走の大嶌選手がタッチアウト
AKIRA先発の丸山投手8回途中1失点と粘投
2回途中から8回までロングリリーフの織内投手。ベテランらしい落ち着いた投球で試合を作りました
双方好機のないまま終盤へ。AKIRAはブルペンで準備する沖垣投手に髙井投手が声かけ。笑顔で「頼んだぞ」と気合を入れているように見えました
8回表2死二塁でAKIRAは丸山投手から沖垣投手へ継投。ピンチを断ち切った沖垣投手
すると8回裏AKIRAは先頭の9番久保田碧選手が中前打で出塁
続く1番森本選手が犠打を決め1死二塁。京葉ガスのファースト秋田選手が膝をつきながら足を伸ばし間一髪アウト
2番安田選手の二ゴロで2死三塁と変わり、好機に強い3番藤井選手。打球はショートへ
京葉ガスのショート山本選手、バウンドが合わなかったのか打球はグラブを弾き、AKIRAが勝ち越し
1点を追う9回表、京葉ガスは1死から畑中選手に続き7番篠田選手もヒットで一、二塁
8番青山選手の打球は右中間を破り、二者が生還
土壇場で逆転し、喜び爆発の京葉ガスベンチ
9回裏、マウンドには3人目の小平投手
AKIRAは1死から6番森光選手が四球で出塁。一発出れば逆転サヨナラの場面で7番久保田勇監督の打球は……
センターフライで2死。京葉ガスの川島選手が捕球すると視線は一塁方向
ボールは一塁に送られ、飛び出していた森光選手は戻れず。併殺で試合終了
国スポ千葉県大会優勝のAKIRAは京葉ガスに逆転負けで準決勝敗退
ビッグプレーを見せた笑顔の川島選手(右から2人目)は1年目。冷静な守備が光りました

土壇場の決勝打 京葉ガス・青山選手の話
「『なんでここで自分に回ってくるのか……』と打席に向かった。外の真っ直ぐを張っていた。センターの藤井選手が少し左中間寄り、ライトの森本選手はライン線を締めているように見えたから右中間方向を狙ってバットを振り抜いたらいいところへ飛んでくれた。(捕手でスタメンは久しぶり?)AKIRAとの試合になったらスタートから捕手で行くことは決まっていた。1試合フルで捕手をやるのは久しぶり。キャッチャーとして気をつけたことは足のある1番森本選手、2番安田選手のふたりを同時に出さないこと。あとは勝負強い3番の藤井選手。ここはかなり気をつけた」

AKIRA・久保田勇監督の話
「(9回表1死一二塁)青山さんの打席はすごく嫌な感じがした。打たれるひとつ前の変化球の空振りもあっている感じがしたから真っ直ぐを要求。『頼む、沖垣押し込んでくれ』と願ったけど、見事に打たれてしまった。あの場面、前の回(8回表2死一二塁)のピンチを抑えてくれて、次の回(9回)頭から別の投手というのは勇気のいることだった。京葉ガスはそれが成功したから(8回まで抑えていた織内投手から勝ち越した9回に小平投手へ継投)変えるという選択肢もありだったのかな、と」

準決勝 第2試合 松戸市役所 3−0 習志野市役所

習志野市役所は1回表、内野安打で出塁の1番竹中選手が二盗を試みるもタッチアウト
しかし2番矢口選手が四球と暴投で1死二塁と先制のチャンス
3番石井選手が遊ゴロ、2死二塁で4番中橋選手は見逃し三振
初回のピンチをしのいだ松戸市役所・奥川投手と池浦選手のバッテリー
習志野市役所の先発は石川投手。いい表情をしています
1回裏、松戸市役所は先頭の瀬山選手がセーフティバントを決め、2番大崎選手がバント
送球は二塁に送られるもセーフ(記録は野選)
オールセーフで無死一、二塁。二塁へチャレンジした習志野市役所の小林選手は呆然
さらに犠打で1死二、三塁として4番菅原選手がエンドラン成功。三走瀬山選手が先制のホームイン
きっちり役目を果たし、笑顔で迎えられる菅原選手
習志野市役所はなおも2死三塁のピンチ、サード鈴木選手の好守で切り抜けます
松戸市役所は2回に1点、3回には代打植谷選手がたたきを決めて3点目
笑顔の植谷選手。投手ですが打撃も良く、ゴロ打ちは「ほぼ失敗したことない」と自信あり
ピンチを最小失点で切り抜けてくれた原投手を迎える石川投手
ベテランの奥川投手は走者を背負っても全く慌てず淡々とアウトを重ねます
習志野市役所の原投手も4回以降は松戸市役所に得点を与えません
7回表、習志野市役所は2死満塁と攻め立てますが、一二塁間の打球はファーストの小道選手がさばき
奥川投手が軽快にベースカバー。フィールディングも素晴らしい
4番に座る中橋選手。2打席目以降3打席連続ヒット。初回の三振が悔やまれます……
味方の反撃を信じて腕を振り、8回裏2死、この日最速の149キロを出した習志野市役所の原投手
「ちぎれるかと思った」という声が聞こえて……なんとか流れを持って来ようという懸命な投球でした
9回裏、先頭の鈴木選手はヘッドスライディングも及ばず
松戸市役所の奥川投手、さすがの投球で完封勝利。松戸市役所が決勝進出です

習志野市役所・原投手の話
(3回途中から救援登板し力投)「流れを持って来れたかなと思ったんだけど……奥川投手が素晴らしかった。走者は出せたけど、全然慌てていなくて。そういう投球を目指したい」

4強は横一線

準決勝2試合、ものすごい緊張感のある試合でした。

4強は国スポの代表決定戦と同じ顔ぶれで、対戦カードも同じ。
だけど、勝ったチームは2試合とも異なりました。

前回、京葉ガスにコールド勝ちだったAKIRAは3安打に抑えられ、松戸市役所を終盤逆転した習志野市役所は逆転のムードすら作れずに終わってしまいました。

その日の投手の調子や、ちょっとした試合の流れでガラッと展開が変わってしまう。それだけこの4強の実力は拮抗していて、横一線だということ。
だから見るたびに試合展開が想像できなくて本当に面白い!

決勝は京葉ガスと松戸市役所。
昨年と同じ顔合わせになりました(記事)。

長くなるので冒頭にも書いた通り、決勝はまた別に記事にします。
そちらも楽しみにお待ちいただけたら幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました!

みなさまへお願いがございます。この活動はどんなに撮って書いても報酬が約束されていないので、やればやるほど赤字です(泣)いろいろ策は考えておりますが、現状はみなさまにサポートをお願いするしかなく……登録など面倒かと思いますが、活動継続のために応援いただけたらうれしいです☺️

error: